35歳からのほにゃらら

人生尻上がり

牛肉カマボコ

魚のすり身がカマボコになるなら、おなじ動物性たんぱく質の牛肉もカマボコになるはず。

 

と謎の啓示があり、牛肉でカマボコを作ることに。

 

牛モモブロックを

 

細かく切って、重曹と塩(濃度それぞれ1%くらい)を溶かした水にさらす。

 

2・3分放置するとこんな感じになるので、溶液を2・3回取り換える。

 

水分を取る

 

ミキサーにかける

 

肉が絡んでミキサーが止まるので、適度にほぐしながらネギトロ状になるまで回す。

 

牛肉とは思えないネギトロ感。

 

塩コショウなどで好みに味付けして粘りが出るまですりつぶします。(結構疲れる)

 

カマボコはここで裏ごしするのですが、網の目が細かすぎて全然濾せない。諦める。

 

ラップにくるんで、シリコンスチーマーで蒸したら、こんなことに。。。時間は適当。

 

つみれかハンバーグみたい。やはりカマボコ板と蒸し器が必要か。。。

 

 

蒸しを横着したせいで見た目が最悪になりましたが、触感はカマボコ、味はビーフジャーキーのような感じのおつまみが出来ました。

 

結構手間がかかるので趣味の料理ですな。

いきどおり

起床時66.5キロ

 

朝から嫌なニュース

 

仕事がせっかく上手くいっているのに、他部署の無責任な関与で取引先との仲が拗れた。

此方は取引先に頭下げて関係とりなしてと大変なのに、問題起こした他部署の奴らは特にお咎めも無いのだろう。

 

内向きの仕事してる奴らは良いよね。

保身だけ考えて、ツマらん人生送ればいいさ。

低糖質外食

起床時66.3キロ

 

低糖質ダイエットしていると食べるものに困る。

特に営業周り中の休憩。コーヒーだけで喫茶店で粘るのも良いけど、やっぱりなんか食べたい。朝ご飯も食べてないし。

 

最強のバターコーヒーという店があり行ってみることに。

 

低糖質とグルテンフリーが売りらしく、小麦を使っていないピザが食べられる。

ピザの生地はとろろを焼いたような感じの食感で、コレはコレでおいしいと思った。

 

サラダとピザとコーヒーのセットで900円位。しょっちゅう行くにはちょっと高いと思うので、大手資本がこんな感じの業態を出して、もう少し安くなると良いな。

海水浴

起床時66.7キロ

就寝前67.8キロ

 

嫁の友人に誘われて海水浴へ。

こういうイベントはあまり気乗りしない。

 

嫁友人たちは海に入るでもなく、子供と遊ぶでもなく、寝たりダラダラしている。

何しに来たんだ??人の家族まで巻き込んで。

そういうのは近所のファミレスで済ませばいいのに。

と思いながら、ほって置かれている子どもたちと、浜辺で砂遊びをする。

これはこれで楽しかった。

 

現地解散して、帰りは焼き肉食べ放題へ。

ワタアメとかあって子供が楽しそうで良かった。

 

 

霧ヶ峰

就寝時67.2キロ

 

イベントの思想の為、諏訪へ。

 

立石公園の駐車場から女神湖まで。

だらだら長い坂でだったが、調子がよかったのか精神的にはあまり堪えず。

本番は今日の4倍と思うと、気が滅入る。

 

結構動いたけど、ダイエットのため食事は控えめ。

炭水化物は取らず、肉と魚を食う。

 

運動して疲れるとお腹はすくが、甘いものを食べるのは不思議と我慢できる。

気がする。。。

太った

朝起きて体重計に乗ったら69キロあった。

66キロ前後をキープしていたと思っていたので少しショック。

 

平日のローラー台の頻度もだいぶ下がっているし、ここ数カ月は週末にロングライドに行くことも無くなっていたので、当然と言えば当然だが。

 

今年は妻の出産予定日とツールドおきなわの日程が重なっており、運動するモチベーションを保つものが無くなってしまったのも事実。

 

好きなものを好きなだけ食べる生活をしていると、血糖値が高くなるせいか、だるくて運動する気にならない日がとても多い。

 

もう半分中年だし、ちゃんと節制しないとおじさん化が加速する一方だ…。

 

まだモテたいし!モテたほうが楽しいし!

 

最近読んだ本に「~になりたくない」と考えていると、意識がなりたく無いほうに引き寄せられ、なりたくないモノになってしまいがち、という事が書いてあった。

(シロクマ効果だっけ?)

 

おじさんになりたくない、ではなく、自分は若い!とか、自分は運動が好き!とか前向きな意識でいると良いらしい。

 

若いし!モテるし!運動好き!

 

と虚勢を張ってみる、有給の午後。

モノを買うのに迷わなくても良い時代

お金を使うときって、結構悩みます。後戻り出来ないので。

なにかほしいものがあると、日がな一日価格ドットコムやamazonを眺めて時間を無駄にしています。

 

今日も新しい営業カバンを買おうと思ってずっとパソコンに張り付いていました。

数週間かけて候補をいくつかに絞っていたのだけれども、ネットショッピングだと実物が見れないので、最後の詰めでもやはり悩んでしまいます。

 

決めきれずに悶絶しながらamazonを眺めている時『返品無料』の文字が目に入りました。

『返品無料』とは『間違って注文しちゃったものは、送料amazon持ちで返送OKだよ』の意味だと思っていたいのですが、良く内容をみると『試して気に入らなかったら、返品して良いよ、送料もamazonが負担するよ』という意味でした。

 

『返品』というと、イレギュラー対応であまり何度もするのはマナー的に良くないイメージがあるのですが、むしろジャンジャン返品してくれと言わんばかりです。

配送業者はちゃんと料金貰えてるのか心配になります。

 

そんな地味に常識を覆すサービスが「コソッ」と書いてあり、やっぱamazonスゲーなと思いました。サービスはこうやって変わって行くんだなと。

 

ということで、営業カバンを2つ、7万円分を返品前提で購入しました。もちろん気に入れば一つは残しますが、必ず1つは返送しますし、なんなら2つとも返送して別物を頼む可能性も全然あります。正式なサービスなので、罪悪感なく利用出来てとても満足です。

 

同じようなサービスでamazonワードローブというのも始まっており、勢いで8着頼みました。

 

いまはまだファッション関係限定ですが、そのうち他の分野にも広がってくるような気がします。

 

これからは迷ったらとりあえず買ってしまえば、無駄に時間を使わなくても良くなりそうです。